石油由来の合成成分

合成の防腐剤

現在、通常の化粧品において、もっとも多く使われているのが、パラベンです。これは石油原料から作られた合成成分であり、旧厚生省が定めた「102の表示指定成分」にも入っており、肌へのアレルギー性が認められています。またパラベンは、最近では、環境ホルモンになりうるという説も出てきました。パラベンには、「メチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン」などの種類がありますが、いずれもアレルギー性が懸念されます。

フェノキシエタノールは、これもまた石油原料の合成成分ですが、「102の表示指定成分」には入っていなかったために、「無添加化粧品」ではよく使われる合成防腐剤です。フェノキシエタノールもまたパラベンと同じく、環境ホルモンになると言われています。

そのほか合成の防腐剤として、代表的なものをあげると、サルチル酸、安息香酸、ソルビン酸、ベンジルアルコールなどがあります。これらはいずれも石油原料であり、アレルギー性があるとする「102の表示指定成分」にも入っていました。

合成の防腐剤の例
パラベン、メチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、フェノキシエタノール、サルチル酸、安息香酸、ソルビン酸、ベンジルアルコール

合成界面活性剤

  • JOCAフェイスブックページが出来ました。
  • アメーバブログはじめました
  • 人と地球にやさしい商品を扱うセレクト通販 オーガニック生活便

正式名称:©一般社団法人 日本オーガニックコスメ協会
Japan Organic Cosmetics Association(JOCA)
事務局:〒192-0362 東京都八王子市松木35-16
TEL:042-679-9671 FAX:042-679-9672