石油由来の合成成分

タール色素(合成色素)

タール系色素は83種類あり、旧厚生省が危険性を指摘した、旧表示成分です。

石油から作られるタール系色素は、ファンデーションや口紅など、多くのメイク用品に使われています。赤色202号、青色204号などの着色料がタール系色素と呼ばれるものです。

タール系色素が問題なのは、シミを作ってしまうことです。肌に紫外線があたると、メラニンが生成されます。メラニンが生成されても、肌に残らなければシミにはなりませんが、タール系色素は、メラニンを肌に沈着させてしまい、それでシミになってしまうのです。

メイク用品を使うと、まず合成界面活性剤が皮膚のバリアゾーンを壊し、その壊れた部分から肌にタール系色素が入り込んでいきます。

タール系色素にはタンパク質を壊す性質があるため、まず表皮の細胞が壊されます。そしてこの壊れた細胞に、シミの原因であるメラニン色素が沈着していくのです。

タール色素の例
赤2、赤202、赤104、青色1、青201、黄04、黄203、黒401、橙201、緑201、紫401

合成香料

  • JOCAフェイスブックページが出来ました。
  • アメーバブログはじめました
  • 人と地球にやさしい商品を扱うセレクト通販 オーガニック生活便

正式名称:©一般社団法人 日本オーガニックコスメ協会
Japan Organic Cosmetics Association(JOCA)
事務局:〒192-0362 東京都八王子市松木35-16
TEL:042-679-9671 FAX:042-679-9672