化粧品成分辞典について

制作:アイシス編集部
監修:日本オーガニックコスメ協会

アイシスでは単行本『オーガニックコスメ』や通販カタログ『オーガニック生活便』、毎月発行の『オーガニック情報便』などで、オーガニックコスメに関する情報を伝えてきました。しかし、「化粧品成分は難解で、何から作られているのかよくわからない」という声を多く聞きます。そこで「日本オーガニックコスメ協会」では、消費者に化粧品の成分を知ってもらうために、オーガニックコスメ辞典を作成して掲載していくことにしました。この成分辞典は、化学専門家、化粧品製造者、「日本オーガニックコスメ協会」のオーガニックコスメアドバイザー講座の修了生、ボランティアスタッフ、など多くのスタッフが協力して作成し、いくつかの項目で掲載していきます。

化粧品の成分はたいへん数が多く、消費者から見ると、いったい何から作られているのかがほとんど見えません。化粧品の中身を知って選びたいと思っても、成分が難解なために、やむなくパンフレットの言葉や容器のデザインなどが選ぶ決め手になっているのではないでしょうか。

そこでこの成分辞典は、消費者にわかりやすい内容にしました。

オーガニックコスメ辞典の内容について

現在、化粧品の成分原料は、主に石油由来の合成成分、植物由来の合成成分、そのほか植物、動物、鉱物などで作られています。この辞典では、ひとつひとつの成分が何で作られているのか、どのような配合目的で使われているのか、自然界に存在する成分か否かなどを、よりわかりやすく掲載していきます。
今後は、旧表示指定成分であった成分、医薬部外品の表示義務のある成分、食品添加物に使われている成分なども、日々追加して掲載していく予定です。
今使っている化粧品の成分の原料を知りたい、また購入を考えている化粧品の成分の原料を知りたいときなどにぜひ役立ててください。

※ この辞典に関して、ご質問、ご意見などあればお寄せください。→コチラから

化粧品の成分は、1999年の規制緩和の影響もあって年々、増えていっています。海外から輸入された化粧品の新成分が加わるという事情もあります。また、従来、石油から作られていた成分が、植物でも作られるようになることがあります。そのように化粧品成分の数や情報は、変わっていっているのです。
この辞典は、化粧品製造会社や化粧品原料会社、化学の専門家と協力して、化粧品の情報を伝えるものです。できるかぎり早い情報を心がけていますが、そうした化粧品成分が変わっていく現状により、辞典が完成するということはなく、常に途上にあるということになります。
化粧品は、ムードではなく、中身で買うべきと言っても、化粧品成分は数が多く情報が増えていくために、全成分を見て化粧品を買う人はそれほど多くはありません。
変化していく化粧品成分の情報も入れることによって、皆様の安心できる化粧品選びに、実際に役立つものにしていきたいと願っています。
日本オーガニックコスメ協会 水上洋子

※アイシス オーガニックコスメ辞典では、「食品における指定添加物成分」も随時アップしています。

表内の記号の意味

ー 特に該当していない。
☆ 該当している。
× 不使用、または自然界に無し
○ 自然界に有り
◎ アイシス基準で「使用可」

配合目的の説明

「不透明化剤」
合成ポリマーの水溶液を乳液やクリームにする場合、普通の乳液やクリームに見せかけるために白い色剤を混ぜて白濁させための成分です。シリカ、水酸化Al、ヘクトライトのような鉱物土などが使われますが、ポリエチレン スチレン、ビニルピロリドンコポリマーの粉末を混ぜて白濁させる方法もあります。

「閉塞剤」
皮膚にフタをする役の油分や合成ポリマーをオクルーシヴ(occlusive= 閉塞剤)と言います。