コスメの歴史

自然療法とオーガニックコスメ

肌や髪を健康に保つための天然成分のスキンケアの歴史は、人類が地上に現れたときからすでに始まっているといっていいでしょう。スキンケアは、美しさのためというより、まずは素肌やからだを健康に保つためのものでした。

もっとも古い時代の化粧品が多く発見されているのは、古代エジプトの遺跡です。

エジプトのカイロ市にある考古学博物館を訪れると、アイシャドーなどを作るための鉱石を砕くパレット、香水瓶、細工を凝らした鏡、カツラ、アイライナーが入っていた小瓶などが展示されています。それらを眺めていると、今、使われている化粧品や美容器具のほとんどがエジプロが起源だとわかります。

古代のスキンケアで注目すべきことは、化粧品は、自然療法に基づいた医薬品と等しいものだったことです。たとえばアイライナーを引くことはすでにエジプトから始まっていましたが、ただ目を美しくみせるためのものではなく、当地の強い日差しから目を保護するためと、虫や細菌から目を守るためのものでした。女性だけでなく、男性もアイライナーを使っていました。

エジプトのアイライナーは「コフ」と呼ばれ、現在でも中近東の女性たちの間で使われています。「コフ」にはいろいろな作り方があるようですが、そのひとつの製法は、殺菌作用を持つミルラやフランキンセンスの樹脂を焼いて微細なススを作り、そのススを集めたものを粘性の高いアムラと呼ばれる植物油で練ったものです。

つまり古代において、美容は医学とも結びついており、化粧品は素肌の健康を保ったり、肌トラブルを癒す薬でもあったのです。

伝統的な美容植物について

正式名称:©日本オーガニックコスメ協会
Japan Organic Cosmetics Association(JOCA)
事務局:〒192-0362 東京都八王子市松木35-16
TEL:042-679-9671 FAX:042-679-9672