コスメの成分表示について

旧102の表示指定成分

70年代に化粧品被害が相次いだ後、ついに旧厚生省が動き出しました。

1980年、旧厚生省は102種類の化粧品成分についてアレルギーの危険性を認め『表示指定成分』としました。当時は化粧品の成分を表記する義務はなかったのですが、『表示指定成分』については必ずパッケージや容器に明記して、買う人に知らせるように義務づけられたのです。

この102種類の『表示指定成分』のほとんどは、石油から合成された合成成分であり、数多くの合成界面活性剤、タール系色素、合成防腐剤が含まれています。

『表示指定成分』の中でも要注意なのは、合成防腐剤のパラベンです。パラベンはアレルギー性だけではなく環境ホルモンの疑いも出てきました。パラベンは、多くのメーカーが化粧品の保存期間を伸ばすために使っている、ごく一般的な防腐剤です

また、2001年から、化粧品は全成分表示を義務づけられ、そのために『旧表示指定成分』といわれるようになりました。問題なのは、アレルギーを起こす危険性のあるこれらの成分が、ほかの成分にまぎれてわかりにくくなってしまったことです。

危険なのは、これらの『旧表示指定成分』だけではありません。化粧品の成分は、約2500種類、香料を含めると7500種類以上になり、『旧表示指定成分』以外にも危ない合成成分は数多くあります。

たとえば合成防腐剤のフェノキシエタノールは、『表示指定成分』の中には入らなかったがために、無添加化粧品ではよく使われています。しかしフェノキシエタノールの毒性はパラベンとほぼ同じといわれ、また同じく環境ホルモンになるという疑いが出ています。『旧表示指定成分』に入らなかったけれど、アレルギー性が疑われている成分は数多くあります。

無添加、自然派化粧品、オーガニックコスメの違いについて

正式名称:©日本オーガニックコスメ協会
Japan Organic Cosmetics Association(JOCA)
事務局:〒192-0362 東京都八王子市松木35-16
TEL:042-679-9671 FAX:042-679-9672