オーガニックコスメの基準と考え方

無添加、自然派化粧品、オーガニックコスメの違いについて

実際に肌トラブルに悩む女性が増えるにつれて、あらたに注目されるようになったのが無添加化粧品や自然派化粧品です。合成成分の化粧品に問題が出てくる可能性があるなら、それよりは昔から使われてきた自然のものを使いたいというのは当然のなりゆきでしょう。

しかし成分を見ると、無添加、自然派といいながら、肌にとって危険な合成成分にほんの少しだけ植物エキスを混ぜただけとう化粧品が多いのも現状です。

ところで「無添加化粧品と自然派化粧品の違いは?」という質問をよく聞きます。

無添加化粧品というと、合成成分がまったく入っていないかのような印象を受けますが、そうではありません。無添加化粧品とは厳密にいうと、旧厚生省が指定したアレルギーの危険性のある化粧成分を抜いた製品を指します。それらの成分は102種類あり、その中には、防腐剤のパラベンなども含まれていたのです。しかし102の『表示指定成分』以外にも肌トラブルを起こしやすい合成成分は数多くあります。その一例がフェノキシエタノール。『表示指定成分』には入っていなかったので、無添加化粧品には入らなかった多くの石油由来の成分があります。ですから、無添加イコール安心というわけではないのです。

いっぽう自然派化粧品は、植物エキスを抽出した成分を多く使った化粧品ということになりますが、これもパンフレットの言葉だけではなくラベルをしっかり見てチェックする必要があります。自然のエキスはほんの少しで、ほかの成分はいろいろと不安な化学物質になっているという製品も多いからです。

コスメの全成分表示について

  • JOCAフェイスブックページが出来ました。
  • アメーバブログはじめました
  • 人と地球にやさしい商品を扱うセレクト通販 オーガニック生活便

正式名称:©一般社団法人 日本オーガニックコスメ協会
Japan Organic Cosmetics Association(JOCA)
事務局:〒192-0362 東京都八王子市松木35-16
TEL:042-679-9671 FAX:042-679-9672