オーガニックコスメの基準と考え方

コスメの全成分表示について

長い間、化粧品は、「企業秘密」の尊重のため、全成分を表示する義務がありませんでした。しかし「成分が定かでないものを肌に塗ることの不安は大きい」という使う人の声に応えて、まず欧米で全成分表示が義務づけられました。その後、ようやく日本でも2001年4月から化粧品の全成分表示が義務づけられるようになりました。

しかし化粧品が全成分表示になったとき、新たな問題も出てきました。というのは、それまで義務づけられていた『表示指定成分』が入り混じってほかの成分も同じように並んで表記されることによって、危険成分が見えなくなってしまったからです。

とはいえ化粧品の成分が「企業秘密」で隠されていたことを思えば、全成分表示は、情報開示という点では評価されるべきでしょう。

ところでUVケアやフェイスクリームなどで「医薬部外品」という表示をよく目にします。「医薬部外品」は「薬用化粧品」という表示がされていることもあります。

「医薬部外品」とはいかにも肌に良さそうです。しかし、その意味は「薬効成分が入っているが量は少ないので、効果や副作用も穏やか」という、医薬品と化粧品の間にある商品ということです。

「医薬部外品」には全成分表示の義務がありません。「クスリより弱い」ために、薬局でしか販売できない医薬品よりも規則がゆるく、しかし「化粧品に使えない強い成分も成分表示なしで使える」というものです。「強い成分」というと、素肌にとって効果の高い成分が入っていると勘違いしがちですが、そうとは限りません。

危険性の高い化粧品も、「医薬部外品」として承認されてしまえば、全成分表示をする必要がなくなるので、ユーザーは注意が必要です。

現在、厚生労働省では、今後はこの「医薬部外品」についても全成分表示をしていくことが検討されています。

化粧品の成分

正式名称:©日本オーガニックコスメ協会
Japan Organic Cosmetics Association(JOCA)
事務局:〒192-0362 東京都八王子市松木35-16
TEL:042-679-9671 FAX:042-679-9672